不動産競売とは

 

返済できなくなった人や企業が有する不動産(土地、建物)が差し押さえられ、裁判所の管理のもとに売却するものです。個人や企業が銀行・金融機関より融資やローンを受ける時は、その債務の保証として不動産等に担保を設定します。(抵当権の設定等)その借り入れたローン等の返済が滞った場合には、裁判所を通して債権者(お金を貸した人など) が担保を差し押さえて、裁判所が入札制の競売を行います。入札開催期間中に裁判所へ入札に行き、一番高い金額を記入した人が落札となります。上記の融資やローン返済が滞った場合以外にも競売が行われることがありますが、ほとんどの場合は上記のようなものが多いようです。裁判所の入札は一物件に付、一回だけです。一人で複数物件の入札は可能です。
東京地裁の例では、一回に売却されるのが100件以上で月に4回もの売却が実施されています。最近では、一般のユーザーの方から注目され、マイホーム用、または投資用などの目的で、多数の購入例が出ています。
 個人ではまだ競売での取得を敬遠される方も多いようですが、競売専門の不動産業者が落札する、年間1,000件を超える物件のほとんどが中古物件又は、売土地として再販(売却)されています。
不動産流通の中に占める競売物件の割合は非常に多いのです。

 

 

 

 

株式会社トライの不動産競売代行とは

 

当社はお客様の資産形成のパートナーを目指し、業界最安値の料金で競売代行サービスを提供しています。
 競売というと以前は占有者との立退き交渉など、落札後の手続きで行き詰るケースも多く見られました。しかし、現在では法整備もある程度進んだことから、多少手続きは面倒なものの、入札から引渡しまでの流れは比較的スムーズになりました。
 そのため、当社では業界平均的な競売代行サービス料(調査費用2.1万円+入札価格の3%6万円と消費税)でサービスを行っています。もちろん、ご相談は無料ですし、落札できなかった場合は調査費用以外一切いただきません。
 
 
★競売では市場に出ている価格の5〜6割程度の価格で購入できる可能性があるお宝の宝庫です。★

 競売というと、なんとなくグレーなイメージな固定観念を持たれている方が多いですが、人があまり寄り付かないところにこそ、お宝は眠っているものです。
ぜひ一度飛び込んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

               < 不動産競売のメリット >


安く購入できる

・何よりも最大の魅力は一般市場価格の5割〜6割(物件により異なる) で不動産が購入できるという点です。また投資用の物件においては投資利回り15% を超える物件も珍しくありません。


物件が豊富

・弊社で取扱をしている東京・立川・相模原の裁判所だけでも、月に200 件程度の物件があります。戸建や土地・マンションだけではなく、店舗や投資用のビル・アパートなどジャンルは様々です。


権利移動がスムーズ

・裁判所が販売をするので所有権の移転登記は裁判所が行ってくれます。しかも一般市場で購入する時と違い、移転登記をする時の司法書士への手数料が掛からないというのも魅力の一つです。

 

 


< 不動産競売のデメリット >


物件の調査が困難

・競売物件は一般の流通物件とは違いほとんどの物件では内覧が出来ません。一応競売物件の内覧制度もあるのですが、ほとんどの物件で内覧はできていない状態です。ですので、外観での判断、裁判所の資料の中にある写真でのみの判断になってしまいます。


権利関係が複雑

・裁判所より所有権の移転はしてもらえるのですが、所有者や占有者の排除等はしてくれません。所有者や占有者との立ち退き交渉は自分でしなくてはならないのです。中には、立ち退き料目当ての『占有屋』と呼ばれる人達が占拠している場合もあります。

そんな不安を弊社が解消させていただきます。当社に任せてもらえば、入札前のご相談から物件引渡まで徹底的にフルサポートさせて頂きます。まずはご相談だけでも構いません。お気軽にお問い合わせ下さい。落札できなければ料金は戴きません。

 

 

 

裁判所の競売情報:http://bit.sikkou.jp/

 

 

 

 

 

競売代行の内容

 

競売代行のサービス内容

 

お客様に用意いただくもの

 

実費になるもの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

競売代行の流れ

 

STEP.1 ご相談
まずは、お気軽にご相談ください。
一般的な競売についてのご質問等についてお答えいたします。

STEP.2 業務委託契約
業務委託契約書に署名・捺印いただきます。

STEP.3 物件調査
具体的な物件についての簡易調査を行います。3点セットのチェック、権利関係の調査、入札価格のアドバイスなどを致します。なるべくお会いしてお話しができますと、その後の手続きもスムーズに進むケースが多いです。

STEP.4 入札
入札に必要な書類をチェックした上で入札致します。
管轄裁判所によって異なりますが、持参あるいは郵送で入札致します。

STEP.5 開札
開札日の正午を目処に結果が分かり次第、ご連絡いたします。

STEP.6 代金納付手続き
残代金のお支払いと登録免許税等の支払いを裁判所に行います。
原則、本人が行く必要があります。
このタイミングで手数料の半額をお支払い頂きます。


STEP.7 占有者との交渉及び明渡し命令の手続き
なるべく交渉で解決できるよう占有者と折衝します。
どうしても交渉で解決できない場合は、明渡し命令の手続きを行います。

STEP.8 引渡し
占有者との交渉や強制執行の立会いを得て、晴れて引き渡しとなります。

この時に残りの代金をお支払して頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

競売物件の引渡し後、多くの場合残置物の処理が必要となります。

さらに残置物の処理後には、クロスの貼替えやハウスクリーニング、設備の交換等多くのリフォーム作業があります。
当社では、競売引渡しを受けた後の格安リフォームのお手伝いもしています。
・残置物の処理
・クロス、クッションフロアの貼替え
・フローリング工事
・畳の表替え
・洗面台、キッチン、トイレ等の設備交換
・ハウスクリーニング
・高圧洗浄
・その他

(例)実際の例
・キッチン交換 170,000円〜(設置及び残材処分含む)
・シャンプードレッサー付洗面台交換 50,000円〜(設置及び残材処分含む)
・畳の表替え 2,800/枚〜

その他のリフォームもお気軽にご相談ください。